読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アロマテラピーが人気です

激安
もちろん!症状・目的別のレシピも一通り網羅されています。入門書に・・・と思いましたが、これ一冊で足りるんじゃないかな・・・と思うような読みやすいアロマ&ハーブのホント!教科書です!これも買って良かった一冊でした。初心者にお勧めです。

2月25日 オススメ商品♪

2017年02月25日 ランキング上位商品↑

アロマテラピーアロマ&ハーブの教科書 [ 佐々木薫(アロマテラピー) ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ハーブのことや!ハウスケアの方法まで網羅されています。GWの始めに注文して!本日メール便(速達)にて受けとりました。数多くある佐々木薫さんの著書や他のアロマテラピー入門書は殆ど現物をチェックしましたが、私にはこの本がダントツで使い勝手が良かったです。初心者には、精油の数もこれくらいでいいんじゃないかと思います。分かりやすく読みやすくとても参考になります。中を閲覧できたらもっといいですね。この本があれば、私(アロマインストラクター)はお払い箱!?先生に聞きにくいことも、これさえあればばっちりです。ハーブを飲む方も最近多くなってきたので!それについても活用できそうです。詳しい方には不要です。写真も綺麗で、説明もわかりやすい。初心者にも分かりやすく、読みやすくまとめてあり、これからアロマテラピーを始めようと思っている方にはお薦め出来ると思います。購入してよかったです^^最近アロマにはまっています(*^^)v特にオイルなのですが子供のために虫除けスプレーを作ったり、リラックスしたいときのアロマバス、アロマキャンドルと楽しんでいます(#^.^#)こちらの本で興味を持った化粧水、クリームも是非作って見たいと思いましたいいと思います。写真画像もたっぷりで!効能も「心への作用」「体への作用」「肌への作用」と記載されており!とても分かり易く編集されております。写真も多く、見やすくなっています。アロマ!ハーブとも基本のクラフト製作の作り方も有り。本自体が大判な上にオールカラーで写真が多用してあるので非常に分かりやすく!まさに『教科書』兼『図解』という感じです。イロイロ読みましたが、この本は一番おすすめです。今後の手作り石けん等の参考になります。これは私にとって永久保存版です。エッセンシャルオイルやハーブの作用も簡単に記述されています。マッサージの仕方もイラスト図解されており!至れり尽くせりなカンジです。紹介する精油やハーブの数を各35種類に絞ることで!個々のプロフィールも1ページずつ割いて詳しく掲載されていますし!コスメやハウスキーピングレシピも充実している上に全て手順が写真で紹介してあります。ハーブの育て方まで書かれています。ローションや石けん作り!ハウスキーピングにお勧めの精油なども詳しく書かれているので!芳香浴意外にも色々と試してみようかなと思っています。レビューに【分かりやすい】【カラーページが多い】とあったので、初心者の私にも易しいかな?と思い購入しました。アロマテラピー初心者のかたに一番人気です。まだじっくり読んでいませんが、見やすい本だと思います。ハーブのことは、購入時には「いらんわぁ」と思っていたのですが、レシピにもハーブが結構多く使われていたので、興味ができてきました。ただ!期待していたハーブについては!ちょっと情報不足だったような気がします。アロマセラピーやハーブに興味がある方の入門書には最適だと思います。初心者向け、まさに教科書といった内容でしたとても分かりやすいです経験者は購入不要だと思いますが、導入にはバッチリな内容アロマとハーブのプロフィールがとても見やすくわかりやすいです。精油によって効果的な用法もわかりやすいし、症状別にハーブティのブレンド、安心できる精油のメーカーの紹介等すぐに役立つ情報満載です。まだ本格的に読み進めていませんが、パラパラっと見た限りでは、とても見易く、分かりやすい感じがします。最近不眠症に悩まされ!アロマテラピーに興味を持ったのをきっかけに!こちらの本を購入しました。元々ハーブ栽培をしている方には!ちょっと物足りないかも??教科書というタイトルですが!検定用ではなく家庭で使える実用書です。これからの季節!体調に合わせて活用できる!かなりおススメの1冊です。アロマ検定を受けて、もうすこしアロマのことやハーブのことも知りたかったのでちょうどよかったです。基本的な精油の説明に、それと相性の良い精油が紹介されており、自分でブレンドする時の参考になります。もう少し種類が欲しかったのと!栽培方法が簡単に書かれ過ぎていたので!ハーブ用にともう一冊本を購入することになりました。。コスメ作りや商品の選び方・保存方法など写真や絵で説明してくれているので見ているだけでも楽しいです。見やすい。また、ハーブの項目ではドライとフレッシュそれぞれのハーブティの淹れ方、アレンジティーやハーブオイル・ビネガーなどのレシピから、ハーブ栽培まで幅広く掲載されています。アロマテラピーを独学で楽しんでいて、近頃はハーブにも興味が出始めていたところだったので、まさにうってつけの1冊でした。